ACⅡ、ACブロックで熊本県内初の津波避難所

2012.10.31

苓北町志岐の沿岸部に、県内初の津波対策避難所(海抜12m)が建設されました(平成24年1月~6月、苓北町の公共工事)。
この「高台式」避難所の建設資材として、当社の石炭灰リサイクル製品、アッシュクリートTypeⅡ約6,000㎥とアッシュクリートブロック686個が採用されています。関連記事は平成24年6月30日の熊本日日新聞朝刊にも掲載されていますが、総事業費3450万円、避難所の上部広さは324㎡で(250人避難を想定)、地上高さ約9mを周囲のスロープで上がります。

ACⅡ、ACブロックで熊本県内初の津波避難所 ACⅡ、ACブロックで熊本県内初の津波避難所

当社はここ以外にも、苓北町富岡の避難所建設工事(平成24年6月~11月)にアッシュクリートTypeⅡを約3,650㎥採用して戴きました。写真は年明けに掲載予定です。

1件~1件 (全 1件)

  1